退職代行で弁護士に依頼するメリットは何ですか?

退職代行 弁護士 メリット

退職代行で弁護士に依頼するメリットは何ですか?

質問
退職代行で弁護士に頼むと料金が高いのですが、メリットは何かありますか?

退職代行サービスは運営会社によって大きく3つの種類(弁護士が運営するもの労働組合が運営するものそれ以外の一般企業が運営するもの)があります。

ご質問の通り、弁護士運営の退職代行サービスは、労働組合や一般企業が運営するものと比べて料金が高くなっています。

当然、料金に見合ったメリットがあるわけですが、そのメリットについて以下に詳しくまとめておきますので、参考にしてくださいね。

答え

 

弁護士が運営する退職代行のメリットとは?

弁護士が運営する退職代行業者のメリットは、以下の通りです。

  • 有給休暇の消化申請を依頼できる
  • 未払い賃金の請求を依頼できる
  • ハラスメントがあった場合は慰謝料請求も依頼できる
  • 万一、会社側と裁判に発展しても対応してもらえる

前章で退職代行のメリットとして「未払い賃金の請求や有給休暇の消化などの面倒な手続きを代行してくれる」という点を挙げましたが、実はこれを法律上まったく問題なく行うことができるのは弁護士のみです。

というのも、「報酬を得る目的で」「依頼を受けて」「請求や申請、交渉といった『法律事務』を行う」ことが法律上許されているのは、弁護士だけだからです。

このことは弁護士法72条に定められています。

弁護士法72条:弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない

弁護士でないものがこれらの業務を報酬を得て行うことは「非弁行為」といって違法ということになります。

つまり、法律に基づいて堂々と未払い賃金の請求代行や有給休暇の消化申請代行をできるのが弁護士の大きなメリットといえます。

また、退職の原因にパワハラやセクハラがあった場合はその慰謝料請求にも対応できる上、退職代行の過程で生じた様々な法律的なトラブルも含め、仮に裁判に発展したとしても弁護士ですからすべてワンストップで対応可能というメリットもあります。

一般的な退職であれば、コスパの良い労働組合運営の退職代行サービスがおすすめですが、未払い賃金・残業代請求やパワハラなどの慰謝料請求などを会社と争うのであれば、弁護士運営の退職代行サービスを選ぶようにしましょう。
 
 

退職成功率100%
おすすめ退職代行業者 3選!

退職代行業者は全国に数十社ありますが、退職成功率100%のおすすめの退職代行業者を3つ厳選してご紹介します。

会社名 退職代行業者 おすすめ ランキング 1位退職代行
リーガルジャパン
退職代行業者 おすすめ ランキング 2位退職代行
TORIKESHI
退職代行業者 おすすめ ランキング 3位弁護士法人
みやび
運営者 労働組合 労働組合 弁護士
即日退社
24時間
365日対応
×
LINE相談
クレカ払い ×
退職後サポート
依頼手続きの手間
簡単

簡単

少し煩雑
料金(税込) 25000円 25000円 55000円
+実費
評価
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ

退職代行サービスを使って会社を辞めたいなら「退職代行 リーガルジャパン」がイチ押し!

安心できる労働組合運営の退職代行サービスで、料金も追加料金なしの25,000円+退職後のサポート付きでコスパの良い退職代行業者です。

退職代行業者のイチ押しは?

退職実績1500件以上
 
退職代行リーガルジャパン
 
\ 24時間対応!まずは無料相談 /