労働組合運営の退職代行業者に退職を依頼する時、労働組合に加入しなければいけないの?

退職代行 労働組合

労働組合運営の退職代行業者に退職を依頼する時、労働組合に加入しなければダメ?

質問
労働組合運営の退職代行業者に退職を依頼する時、労働組合に加入しなければいけないのですか?組合活動を何かしないといけないのですか?

労働組合が運営する退職代行に依頼する場合、運営元である労働組合の組合員になる必要があります。

労働組合の組合員になってもらうことで、組合員の権利を守るために退職代行会社(=労働組合)が動いて会社と交渉する仕組みになっています。

しかし、退職時の交渉に必要で一時的に組合員になるだけです。便宜的なものですので、具体的な組合活動に参加する必要は一切なく、退職後はすぐに脱退できます。

答え

 

おすすめ退職代行業者 3選!

退職代行業者は全国に数十社ありますが、退職成功率100%のおすすめの退職代行業者を3つ厳選してご紹介します。

会社名 退職代行業者 おすすめ ランキング 1位退職代行
リーガルジャパン
退職代行業者 おすすめ ランキング 2位退職代行
TORIKESHI
退職代行業者 おすすめ ランキング 3位弁護士法人
みやび
運営者 労働組合 労働組合 弁護士
即日退社
24時間
365日対応
×
LINE相談
クレカ払い ×
退職後サポート
依頼手続きの手間
簡単

簡単

少し煩雑
料金(税込) 25000円 25000円 55000円
+実費
評価
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ

退職代行サービスを使って会社を辞めたいなら「退職代行 リーガルジャパン」がイチ押し!

安心できる労働組合運営の退職代行サービスで、料金も追加料金なしの25,000円+退職後のサポート付きでコスパの良い退職代行業者です。

退職代行業者のイチ押しは?

退職実績1500件以上
 
退職代行リーガルジャパン
 
\ 24時間対応!まずは無料相談 /